高槻の街の情報

高槻ってどんな街?「とかいなか」高槻の5つの魅力を住人目線でご紹介!

2018年11月13日

JR高槻駅

こんにちは、はにこです。

高槻で暮らし始めて2年になります。

このページでは「高槻ってどんなところ?」「住み心地がいいって聞くけど、実際どうなの?」と気になっているあなたのために、高槻の5つの魅力を高槻住民目線でご紹介します。ちょっと高槻の回し者っぽいですけど、お付き合いください(笑)

1.アクセス抜群!大阪・京都へらくらく移動

高槻は大阪&京都へアクセス抜群

高槻の魅力を語る時、交通の便の良さを除いては語れません。

高槻市は大阪市と京都市のちょうど中心に位置します。

そのため新快速にのれば高槻駅から大阪の中心であるJR大阪駅、そして京都駅までともに15分以内で行くことが出来るのです。

JR高槻からJR大阪・京都まで

JR大阪駅までは15分、大人1名260円
JR京都駅までは12分、大人1名390円
(2018年11月時点)

さらに、JR高槻駅から阪急電鉄の高槻市駅も歩いて10分ほどの距離にあるので、阪急沿線もアクセス抜群。

阪急高槻市駅から梅田・河原町まで

阪急梅田駅までは急行で22分、大人1名280円
阪急河原町までは快速急行で24分、大人1名280円

祇園が近い河原町まで乗り換えなし、さらに途中の桂で乗り換えれば嵐山へも。

平日はバリバリ大阪で働き、休日はのんびり京都観光へ…。そんな贅沢が叶う街なのです。

私自身、今まで気軽に行くことの出来なかった京都に、高槻に住んでからは幾度となく出かけています。TVや雑誌で見た京都グルメを思い立ったらすぐに食べに行けて、他府県の人や外国人の方が何時間もかけて見に来る京都の寺社仏閣にも散歩気分で出かけられる。

「時は金なり」といいますが、行きたいところにすぐ行けるというのは豊かな気持ちになれますね^^

2.「とかいなか」便利さと豊かな自然が共存する街

川

アクセス抜群の高槻ですが、街の雰囲気は全体的に落ち着いていて、緑が多いのも特徴の1つです。

市の70%近くの土地が市街化調整区域のため、開発に制限があり山林・緑地・農地が守られているためです。

JR高槻駅前には「松坂屋」や「西武」などのデパートやショッピングモール、映画館などが揃い便利な一方、少し足を延ばせば豊かな自然が広がります

特に「摂津峡公園」「芥川桜提公園」などは市民の憩いの場として親しまれ、特に桜の時期になると高槻市民は公園に集まり、お花見を楽しんでおられます。

高槻に住んでからというもの散歩に出かけることが増えました。

四季折々の植物の変化を楽しみながら、同時に街の便利な生活もおくることができる。

まさに「とかいなか(都会・田舎)」都会の便利さと田舎の心地良さが共存する高槻です。

3.手厚い子育て支援・取り組み

家族

便利で自然豊かな高槻。

それだけでもファミリーが住むのにぴったりな高槻ですが、この街を選ぶ家族が後を絶たないのには高槻市が実施する手厚い「子育て支援」にも理由があります。

高槻市の子育て支援は、なんと子どもが生まれる前から始まります。

まず、通常医療保険が適用されない妊婦検診が最大14回、12万円分まで助成されます。これは全国でもトップクラスの助成金額です。出産までほとんど実費負担なく、検診が受診できるのです。

金銭的な問題で検診を控える妊婦さんも多くいらっしゃると聞きます。でも、この支援があればお金の心配をすることなく、病院へ行くことが出来ますね。

また通常、所得制限が設けられている不妊治療にも助成金が出されます。全国的には夫婦合わせて730万円以上の所得がある場合、助成は受けられませんが高槻市は関西で初めて所得制限を撤廃しました。妊娠はするけれど赤ちゃんが育たない「不育症」にも大阪府内で初めて助成を開始しています。

生まれてからも、育児の相談や検診の付き添いなどで産前・産後のお母さんをサポートしてくれる支援員を派遣してくれたり、初めての育児で不安なお父さんに向けてのプレパパ教室も開催されています。

そのうえ医療費助成が子どもが生まれてからその子が中学校卒業するまで適用されるので、自己負担は1回500円以内、最大でも1か月2500円までで医療機関を受診できるのです。

北摂最大級の規模を誇る子育て総合支援センター「通称カンガルーの森」では、土日も無料開館されているプレイルームや毎月ごとに開催されるリトミックやベビーマッサージといった楽しい講座を受講することが出来ます。

さらに2019年春には、200人規模の認定こども園や病児保育を備えた「高槻こども未来館」が開設される予定です。

主だったものを上げましたが、その他にもまだまだ多くの子育て支援が高槻にはあります。

私の知り合いのお姉さんも、子どもが出来たからという理由で、東京から旦那さんを引き連れて高槻に引っ越してきたそうです。確かにここまで手厚いサポートがあれば、安心して子育てに臨めますよね。

教育熱心な方が多いのも高槻の特徴で、街には多くの学習塾がみられます。手厚い子育て支援のお陰で教育費にまわせるお金が増えるのも理由かもしれません。

勉強だけでなく礼儀正しい子が多いのも印象的ですね。私が毎日会う同じマンションの子供たちも自分から挨拶のできる素敵なお子さんばかりです。

ポイント

妊婦検診に最大14回・12万円まで助成金が出される。
関西で初めて不妊治療の所得制限を撤廃した。
「不育症」への助成を大阪府内で初めて開始。
産前・産後をサポートしてくれる支援員派遣制度がある。
医療費助成は子供が中学校卒業まで適用
自己負担1回500円以内、1か月最大2500円
2018年11月時点

4.安心・充実の医療体制

手術

高槻市は全国でも数少ない「医療密度」の濃い地域です。

救急応需体制が整備され、市医師会・市医療機関との連携がしっかりととられています。

特にJR高槻駅から徒歩7分の所にある高槻病院は一般病床477床、29診科もある大変大きな病院です。

私も風邪でしんどい時、歩いてすぐの所に病院があるので、なんの負担もなく通うことが出来ました。

緊急時にもちゃんとみてくれる病院がある、というのはかなり心強いですね。

5・隠れた名店・絶品高槻グルメ

ラーメン

関西大学や大阪医科大学などの学校があり、若者も多いせいか、高槻には「安くて美味しい」隠れた名店がたくさんあります。

特に高槻駅前の高槻センター街商店街付近には、所せましと飲食店が立ち並び、金曜日の夜は大学生や子供連れの家族、仕事帰りのサラリーマンなどで大変にぎわっています。

タイやバリの現地人シェフがおり本格的な味が楽しめる「熱帯食堂」やナチュラルで身体にやさしい素材をつかったパンケーキなどが美味しい女子ウケ抜群の「ユナイテッドカフェ」などはいつもお客さんでいっぱいです。

また高槻はラーメンの激戦区としても有名です

太くて噛み応えのある麺と、絶妙なピリ辛加減が堪らない肉みそがのった絶品汁なし担々麺の「麺厨房 華燕」、大阪を代表する塩ラーメンの名店「あす流」の透き通るような美しいスープは、さっぱりとしながらもコクがあり思わず飲みほしてしまいそうになるほど美味しく、チャーシューも柔らかいのに脂身が少なく、女性でもペロりと平らげてしまいます。

そのほかにも化学調味料を一切していない無添加の安心安全なラーメンが食べられる「高槻塩元帥」めずらしい塩とんこつらーめんが人気の「らー麺 雄」など人気店が高槻でしのぎを削っています。

思い出しただけでおなかがすいてきました(笑)ぜひみなさんも高槻グルメをご堪能ください。

まとめ:高槻は住めば住むほど好きになる街

高槻に住んでいて特に印象的なのが、高槻住民の郷土愛の強さです。

親子3世代が高槻住民というも人も珍しくありません。

確かにとても住み心地がよく、治安もいいので家族を呼び寄せたくなる気持ちが分かります。

そんな高槻住民は新しく来た人にもとても親切な方が多いです。

ひとたび訪ね事をすれば10にも20にもなって返ってきますよ。

大阪にお引越しを検討されている方や、より良い環境で子育てがしたいと思ってらっしゃる方には、ぜひ高槻を選択肢に入れていただきたいです。

あなたも便利で心地よい「とかいなか」生活をはじめませんか^^?

-高槻の街の情報

Copyright© 高槻で暮らそ , 2020 All Rights Reserved.